京都産業大学2015年、創立50週年 むすびわざ コーオプセミナー StudentWeb




1.2.3.5期生による合同合宿を行いました!

9月9日~10日に滋賀県高島市にある鳥居楼という施設で3期生主催の1.2.3.5期生合同合宿を行いました。

1期生は社会人2年目に突入し、2期生は就職して半年がたった中、本当にお忙しいところ、7名の方が参加してくださいました。また知らない先輩方に恐れず、5期生からは2名の参加でした!。

コンテンツは、1日目にセッション・宴会、2日目に運動会です。

セッションでは、3期生による就職活動の報告と、卒業研究の進捗報告プレゼンから始まりました。

1.2期生や、外部講師からたくさんのサポートを受け、就職活動を終えた3期生。

しかし、東田先生から「3期生の就職活動は惨敗に終わった」という言葉を受け、これから社会人になるまでにどう過ごしていくのかについて発表を行いました。

 

そして、12月15日の最終報告に向けて取り組んでいる卒業研究は今どういう状況なのか、3チームから現状報告のプレゼンテーションを行いました。

それぞれのチームに対し、先輩がフィードバックを行う。

そのフィードバックをその場で必死にメモに残し、次は3期生の方から先輩に質問を行う。正直分からないことだらけの卒業研究。

3チームからのいろんな疑問に対し、丁寧に質問に答えてくださり、東田先生からも熱いコメントをいただきました。

3期生自体は納得のいく就職活動ができたと思いつつも東田先生の求めるレベルには就職活動には及ばず、、、しかしこれから本格的に始まっていく卒業研究に向けての意気込みは十分に伝わったのではないかと思います!

 

そしてここからは先輩方からお話を聞いたりディスカッションをしたりするコンテンツに。

1つ目が「仕事上手は遊び上手?社会人のプライベートに迫ろうバトル!!!!」

2つ目に「働くについてのディスカッション」です。

 

この二つのコンテンツ通じて「働く」という事についてプライベート面、実際の職場にいる時の話も聞かせていただきました。

このコンテンツを通じて、3期生は来年の4月から就職先で働くことへの不安が軽くなった!という声が多くありました。

 

そして最後に東田先生からの「働く」についての特別授業です。

3期生は全員で前日は徹夜をして合宿の準備をしていたため、眠い目をこすりながらも真剣に聞きました。

ここで初めて東田先生からの授業を聞いた5期生は先輩に負け児をとらずと必死にメモをとっていました。中には45分間の授業を動画に残している子もいました。

無事にセッションの全工程が終わり、みんなのお楽しみ宴会へ突入します!

宴会では、3期生幹事長江崎から乾杯の挨拶から始まり、

「5期生に向けて1.2.3期生紹介ゲーム」

「むすび生なら答えて当然クイズ」

「ジェスチャークイズ」の3本立てで行いました。

1.2期生の先輩方が楽しめるように、5期生の後輩も知らない先輩方の事をもっと深く知れるように、工夫して準備をしてきました。

そして実際にやってみると深く考えることができ、且つおもしろく、楽むことのできるコンテンツになったのではないかと思います。

最後の東田先生へむすびわざ生1.2期生全員分からのメッセージ動画サプライズもうまく行きました!

こうして1日目が終わり、2日目に朝9:00~運動会を行い、3チームの対抗戦を行いました。

内容は「ドッチボール」「デカバトンリレー」「ミニ野球」「チーム対抗リレー」

どれも大いに盛り上がり、1日目のセッションとは違い、また違った本気のむすびわざ生を見る事ができました。

仕事上手は遊び上手という言葉がやっぱり頭をよぎります。

これもむすびわざ生ならではの文化なのかもしれません。

最後は学歌を歌い、一本締めですべてのスケジュールが終了しました。

1.2期生は次の日から仕事へ、3期生は卒業研究に向けて、5期生はこれから長期有給インターンシップの準備に取り掛かっていきます。

 

やっぱりむすびわざだなと感じる1泊2日でした。

これからも学年の垣根を越えてどんどん成長していきたいと思います!お疲れ様でした!