京都産業大学2015年、創立50週年 むすびわざ コーオプセミナー StudentWeb




「淡路島の地域を探る合宿」を行いました

8月28日から29日の2日間、私たちの外部講師である株式会社GIVE &GIFT代表の中川悠氏と3期生6名で、淡路島の洲本市に行き、合宿を行いました。

 

今回は、中川氏が淡路島洲本市の「洲本外町地域まちなか再生協議会」のアドバイザーを務め、コモード56という商店街の活性化に取り組んでおり、その活動に参加させて いただくという合宿でした。

この合宿では、1日目の午前中から夕方にかけて2チームに分かれ、計8名の洲本市の地域の方々にインタビューをさせていただき、商店街での昔の思い出話や今の暮らしで困っていることなど、1人1時間程お話を伺いました。

 

その後、中川氏が司会を務める「よりあいそとまち」という洲本市のイベントにゲストとして参加をしました。50名程のイベント参加者の地域の方々に向けて、インタビューを通して感じた、「商店街のイメージと実際の商店街の違い」や「どんなことがあれば地域の方々のお困りごとをプラスにできるか」ということを発表しました。

2日目には、商店街のリーダーを務める坂本さんから「これからの洲本」というテーマで、今までの洲本の歴史やこれからどうしていきたいかについて話をお聞きしました。

 

3期生はこの2日間で、洲本市の地域の方と出会い、交流を深めました。そして、多くのことを感じ、多くのことを学び取りました。

この貴重な経験を、これからの人生に活かし、頑張っていきたいと思います。