京都産業大学2015年、創立50週年 むすびわざ コーオプセミナー StudentWeb



7月26日

2017年7月26日に長編アニメーション「君の名は。」の円盤(DVD)が発売された。

本作品は世界でも放映され、英語版主題歌本編も収録してあり人気ぶりがうかがえる。
この日はちょうど私の誕生日で、自分へのご褒美ということで購入した。

こういった円盤を購入するのには、映画では得られない特典がある。
多くの商品では絵コンテが入っており、細かい設定まで確認することが出来る。
また、設定を改めて確認してからもう一度見てみると、
一度目とは違った面白さを味わうために購入している。
残念ながら「君の名は。」には絵コンテはなかったが、
ビデオコンテ(作品の設計図)が特典として入っていた。
今は時間がなくて見ることが出来ていないがとても楽しみにしている。

ここまでは、「君の名は。」の商品について書いたが
ここからは本編について話していきたい。
本編を見た感想は、日本の飛騨高山・東京が舞台なっており細かいところまで再現されていて日本人にとっては親しみやすい作品であると思う。
またキャラ絵と声優の声があっており違和感がなく視聴することができた。
しかし、細かいところまで再現しているため、
内容の理解に戸惑う場面があったのは残念である。
私は昨年映画館で作品を視聴する前に小説を読んでいたため、
映像の始まりと小説の入りが違うことがとても気になった。
私は小説の流れが好きなので、映像版には少し満足できない。
出来れば、小説の流れで映像化して欲しかった。

色々述べましたが、とてもこだわり抜かれた作品なので、
見たことのある人も見たことの無い人も見てほしいです!!