京都産業大学2015年、創立50週年 むすびわざ コーオプセミナー StudentWeb




頑張れ3期生!~インターンシップの成果とは何か?~

10月24日(火)に約4か月間の長期有給インターンシップの経験から得られた成果をプレゼンにまとめ、発表する大会が行われる。発表者は題名の通りむすびわざ3期生だ。

 

その本番の当日に向けてプレゼンの質を上げるために事前大会としてプレプレ大会が9月26日(火)に開催された。しかし、3期生は自分たちの経験を未だうまく言語化し、まとめ上げることができていないため、プレプレ大会の評価者である2期生からはダメ出しの嵐。

 

 

それでも「俺の長期有給インターンシップので得られた成果はこれだ!」と言える主張に聞き手が納得するだけの根拠を伝え、自分のインターンシップの成果をまとめ上げなければならない。

 

プレゼン発表時間の8分で経験した4カ月という期間をコンパクトに、わかりやすく聞き手に伝えることは学生の私たちにとっては、骨が折れることかもしれない。だがそれ以上に「成果とは何か」という問いに向き合い、1つの結論を出すことはそれ以上に困難なのかもしれない。

 

本大会まで残り約1カ月。

時間も限られている中で、同期とどれだけ切磋琢磨し、ストイックに自分と向き合うことができるかが、長期有給インターンシップの成果をまとめるカギだと私は思う。

 

本番では、わかりやすいロジックで、「なるほど」と思えるストーリーを構成し、聞き手に感動を与えることができるプレゼンを発表できるように…。

 

頑張れ3期生!