京都産業大学2015年、創立50週年 むすびわざ コーオプセミナー StudentWeb



行きはよいよい帰りはこわい

9月1日、富士山の日の出を見てきました。

中学時代の友人と、とにかくはしゃぎながら登る富士山が

楽しくて今年で2回目。

 

富士登山は正直めちゃくちゃしんどいです。

じゃあ何で登るのかというと、達成感がとてつもないことと、

日の出が見たいという欲求から。

 

これだけ綺麗なら登りたくなりませんか?

 

これが見たいがために、5時間かけて登り、約5℃の空間で

体を震わせながら待っていたんです。

でも、それだけの価値があったと思います。

 

しかし、帰りはもう地獄。

険しいところを登ったのだから、それを降らなければならない。

道も危なければ、何も目指すものがなく、ただ降る作業が

続くんです。

 

今、卒論でモチベーションを勉強している身としては、

これが目標設定と内発的動機か。としみじみ感じながら

歩いていました。

 

想定外ですが、作業よりも、自分でモチベーションを作って

行動できるようになりたいと強く思った1日でした。