京都産業大学2015年、創立50週年 むすびわざ コーオプセミナー StudentWeb



私が映画を700本観た理由

私は21年間で映画をジャンル問わず、約700本観てきた。

幼い頃から、父や母の影響もあり観る機会が多かったこともある。

 

しかし今もなお、自ら観ているのには2つの目的がある。

 

1つ目は、「異なった価値観の人を受容し感受性を豊かにする」ためだ。

 

映画では、様々なバックグラウンドを持った主人公が存在する。

そのバックグラウンドは細部まで表現されている。

 

そういったバックグラウンドは、人と会って話しているだけでは

なかなかリアルに想像できない。

だから、映画を沢山観て多くの人のバックグラウンドを知り、感受性豊かになりたい。

 

2つ目は、「自分の人生の選択肢を広げるため」である。

 

なぜなら人生を楽しみたいから。

人生を楽しむためには多くの選択肢が必要だと考えている。

 

もし選択肢がなければ

「こうしなければいけない」

といった固定概念が生まれてしまう。

 

だから、多くの選択肢を持って取捨選択することが

楽しい人生を送るための一つの方法だと思う。

 

以上の2つの目的に、共通して言えることは

「よりよい人生を送る」ことである。

人の気持ち、想いに共感し、泣き、笑い、怒ることが

充実した人生を送る要素だと思う。

 

これからも映画を観続け、映画の良さを発信していきたい。