京都産業大学2015年、創立50週年 むすびわざ コーオプセミナー StudentWeb



社会人になったら

突然ですが仕事ができる人ってどんな人でしょうか?

僕は誰にでもどんな時も頼ってもらえる存在だと思っています。

また、これはまさにむすびわざコーオプセミナーの目標である「どんな状況でも任務を任される志と目標を持った人間になる」に当てはまると思います。

でも入社して間もない頃からこのような人になるのは難しい...。

そこでまずは実行項目の1つとして、たくさんの経験をして、様々な状況にも対処できる力をつけることが大事だと思います。

そしてたくさんの経験を積むために先輩・上司にかわいがってもらうことが必要だと思います。

そうすることで信頼が生まれ、仕事を任せてもらえやすくなり自分の経験が増えると考えています。

では、どうやったら先輩・上司の人にかわいがってもらえるのでしょうか?

僕はまだ社会で働いたことがないため、企業の面接時に面接官の人にこのことを質問してみました。

そこで3人の方にお聞きしたのですが、いただいた答えに共通点がありました。

それは積極的であることです。

多少厚かましくても、ぐいぐいと質問や提案をしてくる人が意欲が見えて任せたいと思ってもらえるのです。

また、どのようなことにもこつこつと愚直に取り組める人がかわいがりたいと思ってもらえるそうです。

このことから受け身ではなく1つのことに対して一生懸命取り組めることがかわいがられる条件なのだと感じました。

僕もこのことを胸において、来年から社会人としてのスタートを切りたいです。