京都産業大学2015年、創立50週年 むすびわざ コーオプセミナー StudentWeb




気づけば冬

最近は本当に冬に近づいて来たと感じる。

その日の卒業研究を終えて20時に大学から帰ろうとすると、はく息が白くなっている。

手先も頬も寒さで赤くなる。

 

「11月でこれだけ寒いなら12月や1月はどうなっているのだろう。」

そのような事を考えながら今日も1日が終わっていく。

 

こんなにも1日や1週間、1ヶ月が早く感じるのは、やる事に追われているからだけでなく、1日1日を大切に全力で過ごしてきたからだと思う。

 

恐らくだが、この卒業研究のために費やした時間やエネルギーは、この先辛いことや苦しいことにぶち当たった時に自分自身を支えてくれるだろう。

 

結局の所、自分を支えて目標に向け体を動かすのは自らの意志だ。

気持ちで負けない。

 

単純だがこれが何よりも大事だと感じる事ができたのも卒業研究があったからだ。

 

論文も追い込みをかける時期で脳も辛くなり、冬で朝起きるのも、大学に行くのも寒く体も辛いが、

 

後悔だけはしないように全力で駆け抜ける。