京都産業大学2015年、創立50週年 むすびわざ コーオプセミナー StudentWeb



最近の癒しとなっているもの

就職活動も終盤に差し掛かり、現在は卒業研究に追われている。

 

卒業研究では、テーマがなかなか決まらず問いにもできていないという状態が続いている。そして文献も読み込むことが出来ていないということも現状として起こっている。

チームで話し合いを続けていても「卒業研究の題材にしたい」というものが見つからず苦労することが多い。

 

そんなことがおこっている中で最近家の近所に現れる子猫に癒されている。野良猫だが、ほとんど毎日家の近所に出現している。その猫を見ることが毎日の楽しみになり、つらいことがあっても忘れさせてくれる。

 

卒業研究について行き詰った時や、悩んでいるときにこの猫を眺めていると不思議と元気をもらうことができ、「もう一回頑張ろう」と思うことが出来る。まるで魔法のような存在である。

 

まだまだ卒業研究については始まったばかりの段階であるので、テーマを設定し理論を見つけながら論文を完成させていきたいと考えている。

まだ今のままではゴールが見えないという状況である。しかしこれで諦めずに最後まで取り組んでいきたいと考えている。そして最後には「頑張ってよかった」と思えるような卒業研究にしていきたいと考える。