京都産業大学2015年、創立50週年 むすびわざ コーオプセミナー StudentWeb



ヘアドネーションって知ってますか?

ヘアドネーションとは、頭皮・頭髪に関わる何らかの病気が原因で髪の毛を失い、ウイッグを必要としている子ども達に、医療用ウイッグの原料となる毛髪を間接的に提供することです。

 

 

 

 

最近では、芸能人のベッキーさんや柴咲コウさんが髪をバッサリと切り、寄付をしていたことで知られていますね。

 

芸能人の方もヘアドネーションをしていることで認知が広まり、一般の方でも髪の寄付をする方が増えてきているみたいです。

 

しかし、長さはウイッグ製作の都合上、最低31センチなければならないそうで、全体的に寄付の量は増えているものの、ロングヘアのウイッグを求める子どもも多く、それに必要な「50センチ以上の髪の寄付は慢性的に少ない」ことが悩みとしてあるそうです。

 

 

私はいつもなんとなく伸ばしては、邪魔になり切って、伸ばしては切って、の繰り返しでした。

こういった活動があると知り、結局切ってしまう髪で、誰かが幸せになるなら、役立てることをしたいと思いました。

 

いつも通っている美容院の美容師さんからも、髪をきれいに伸ばすためにオイルをいただいたので、今の髪の長さではまだまだ30cmという基準にも足りませんが、続けて伸ばして、寄付をしたいと思っています。