京都産業大学2015年、創立50週年 むすびわざ コーオプセミナー StudentWeb




パージュの日常

Teamパージュが始動してから早3ヶ月が経過した。

ついこの間は外に出たら「暑い。肌が焼ける。汗でベタベタになる。」

と蝉が鳴いている中で愚痴をこぼしていたのに、気づけば季節は冬に近づいている。

 

今では「寒い。風が冷たい。寒くて手が痛い。」と愚痴の内容も変わってきた。そのような愚痴をこぼしながら私と江崎は週に1度や2度は必ず京都府立図書館に足を運んでいる。府立図書館に行く理由はもちろん、卒業研究の参考文献探しだ。

 

ただここである問題点がある。

それは交通費の問題だ。私も江崎もアルバイトを今はしておらず、府立図書館と下宿を往復するのに市バスを使用すると毎回460円の出費になる。1回だけならまだしもこれが毎週となると都合が悪い。

そこで私たちは、寒空の中、愚痴をこぼしながら自転車で府立図書館に向かう事にした。

当初は、交通費を浮かせるためだと仕方なく自転車を使用していたが、自転車の方が市バスよりもメリットは多い事に気がついた。

 

交通費が浮くのはもちろんのこと、自転車の方が20分近く移動時間を削減でき、適度に体を動かせるため気分のリフレッシュにもなる。

 

卒業研究で理論とは別に新たに自転車の魅力を発見できるとは、、、。

 

皆様もぜひ自転車を活用してみてはいかがだろうか。