京都産業大学2015年、創立50週年 むすびわざ コーオプセミナー StudentWeb



「調べないといけないではなくふと疑問を持つ…」

「おしゃれ」をすることが私にとっての生きがいだ。

「おしゃれ」をすることで、人目を引くことができ、自分が目立つことができるからである。

目立つことが私にとって一つの快感につながる。

 

と、「おしゃれ」をすることの意味を書き記した。

普段様々なことに疑問を持つことが少ない私も、いくつかの疑問が頭をよぎった。

 

「そもそもおしゃれとはいつどこで始まったことなのだろうか?」

「最初におしゃれをした人物とは一体どんな人物なのだろうか?」

「なぜ人はおしゃれをするようになったのだろうか?」…。

 

これらの疑問を持ったのには、私があるクイズ番組を見ていたからである。

 

みなさんも一度考えてほしい。

「タイタニック号の乗客を救助した船の名前は何でしょう?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれだけ頭をめぐらせても分かるはずがない…。

 

だが、東大生はいとも簡単にこの問いに答えた。

 

「カルパチア号!」と…。

※これがカルパチア号です。

 

番組を見ていた私も思わず「なんでこんな言葉知ってるん?」と言葉が出てしまった。

 

東大生いわく、「海外旅行で大西洋を船で訪れる中、誰が海で救助したんだろう?」というふとした疑問から調べた結果この言葉にたどりついたという。

 

 

「調べないといけない」と思うと、面倒くさくなってしまったり、調べたことが頭に入らなかったりする。

 

しかし、日常の中で「ふと疑問」を持つことで、調べたいというクセがつき、知識量も自然と増えてくるのだろうと思う。

その知識がこれからの人生で使えようが、使えまいが…。

 

「無理やり調べる」のではなく、「ふとしたことに疑問を持ち調べたいと思う」。

何事においても知識量が少ない私にとっての大きな課題の一つだ。

 

———————————————————————————————————————————————–

今回も一読していただき誠にありがとうございます。

http://ksu-studentsweb.jp/student-members/

 

こちらにむすびわざコーオププログラムの学生のアクションについてアクセスできるようになっております。

 

また、一読していただけるよう努めますので今後もむすびわざコーオププログラムをよろしくお願いいたします。

————————————————————————————————————————————————